インプラントは歯を綺麗に維持

歯は年齢とともに弱くなり、虫歯や歯周病などで歯を失うこともありそのまま放置してしまうと周りの歯も弱くなってしまいます。そのようなことにならないように早めに治療をしなければなりません。インプラントはそのひとつの方法です。入れ歯という治療方法もありますが、入れ歯の場合は臭いなどの影響が出てしまうことがあります。入れ歯は抜けた歯の上に取り付けて金具で引っ掛けるという方法です。入れ歯と歯茎のあいだには隙間があり、そこに食べ物が挟まってしまうことになります。それが臭いの原因になってしまうことになります。インプラントはそのようなことがなく歯茎ではなく、顎の骨に金具を取り付けてそこに人工の歯をつけます。そのため天然の歯と同じように扱うことができるというメリットがあります。入れ歯は臭いなどの影響がありますが、それ以外にも見た目にも引っ掛けている金具が見えたり会話中に外れたりすることがあります。インプラントは入れ歯のように外れてしまうことはありません。しっかりと固定されているということと、見た目にも美しいというメリットもあります。金具を周りの歯にひっかけることもなく、周りの歯への影響も少ないのがインプラントの魅力です。

↑PAGE TOP