• トップ /
  • 入れ歯の人にもインプラント

歯根から失った場合の治療

入れ歯の人にもインプラント

インプラントで快適に

虫歯や歯周病が悪化して歯を失っても、入れ歯があれば歯があった時のように食事をすることができます。しかし、臭いというトラブルはつきものであり、他の人に臭いが気づかれないようにするために積極的になれないこともあります。歯を歯根から失ってしまった場合の治療方法は、入れ歯の他にもインプラントという方法もあり、近年では多くの人に利用されるようになってきました。これまで入れ歯で悩んでいた人にも乗換えとして利用されており、総入れ歯の人のためのインプラントもあります。オールオンフォーは、上または下の歯全てをたった4つだけのインプラントで支えることができる技術であり、全ての歯をインプラントにするとなれば12本程度の人工歯根挿入が必要になりますが、本数が少ないだけに体にも負担が少なく予算的にも抑えることができます。インプラントは、人工歯根を埋め込んだ後に人工歯を被せることになるため、虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性は引き続き持っています。歯周病になれば土台となる人工歯根が傾いてしまうこともあり、また歯がなくなることにもなります。器具に歯石がたまることによっても臭いにつながるので、定期的に歯科クリニックでメンテナンスを受け続ける必要があります。

↑PAGE TOP