• トップ /
  • 全部の歯をインプラントに

インプラントの治療設備

インプラントと入れ歯の臭い

インプラント治療の痛み

インプラント治療をする時には、歯を抜く時などに使用される局所麻酔を使います。麻酔医がいるところでは静脈内鎮静法を使うので、手術にかかる時間が長くなってしまった場合でも安心して楽に手術を受けられます。そのため、痛みを手術中に感じることはないと言い切れます。麻酔は一定の時間しか効果がないため、手術後は鎮痛薬を服用することになります。インプラント治療後の痛みは人によって違いますが、何回か鎮痛薬を服用すれば痛みは治まっていきます。

インプラント手術をするメリット

インプラントは見た目が美しく、使い心地も優れた人工の歯です。入れ歯や差し歯と違い、他の歯を巻き込む必要がないので、装着すれば歯や歯茎にかかる負担を大きく減らすことができます。人工歯は顎の根本にしっかり固定されるので、本来の歯と同じような感覚で物を食べることができます。インプラント手術では、痛みを軽減するために麻酔が使われます。そのため強い痛みを感じることは稀ですが、不安があるなら無痛治療を行っている歯科医を利用してみるといいでしょう。

↑PAGE TOP